火災保険を利用することで雨漏り修理も対応可能

火災保険で雨漏り修理費を0円に!あなたも知らない内に損してる?

雨に打たれる住宅

住宅で長い間生活していると雨漏りなどのトラブルが発生してしまい、住宅に悪影響が生じてしまうことがあります。こうしたトラブルを解消するには修理を実施するのが最適ですが、修理には多額の費用が発生することが多いです。

雨漏り修理の際には火災保険を請求できるのか?~賢く生き抜く方法~

住宅で発生する雨漏りなどのトラブルは、火災保険を利用して直すことができます。住宅で発生した雨漏りを修理する際は個人で費用を負担することが多いですが、火災保険を適用すれば無償でトラブルを修理してもらうことが可能です。瓦や漆喰といった雨漏りがよく発生する場所だけでなく、雨樋やカーポート部分から発生した雨漏り修理も対応できるのでとても便利です。しかし、火災保険は雨漏りを修理するための保険ではなく、あくまでも災害被害によって発生したトラブルの解消にかかる費用を補償するための保険となっています。そのため経年劣化によって発生したトラブルや、住宅の施工不良などによって発生したトラブルは対応することができないので注意しましょう。

火災保険に関するQ&A

火災保険って一度請求すると、車の保険みたいに保険料が上がったりしませんか?
車の保険は申請すると保険料が上がってしまいますが、火災保険は何度申請しても保険料が上がることはありません。そのため火災保険をつけている住宅で雨漏りなどのトラブルが発生した場合は、自費で修理を依頼するのではなく火災保険を適用するのが最適です。
どんな雨漏りのケースでも火災保険が請求できるのでしょうか?
火災保険で雨漏りを修理する際は一定の条件を満たす必要があり、条件さえ満たしていればどの雨漏りでも修理することが可能です。しかしトラブルが発生した原因や状況によっては、火災保険を適用することができない場合があります。そのため保険を適用して雨漏り修理を行なう場合は、事前に保険の利用条件を確認しておきましょう。それぞれの保険会社によって保険が適用できる条件は異なるので、確認する場合は保険会社の方に一度問い合わせを行なってみるのが最適です。場合によっては調査を行なうために、第三者機関が自宅を訪問することがあります。

自分に合った火災保険を選ぼう

火災保険は、住宅のトラブルに対応している保険のひとつですが、保険会社によって掛金や保障内容は異なります。このあたりを詳しく確認したいのであれば、火災保険会社の情報を見てみると良いでしょう。下記サイトでは、各保険会社の特徴と保障内容が詳しく分かります。

どんな雨漏り症状なら火災保険で補償されるのか

男性

保険を適用して雨漏り修理を依頼しようと考えている方は、まずどういったトラブルならば火災保険を適用することができるのかを知っておく必要があります。ここでは火災保険で補償することができる雨漏りの症状を説明します。

火災保険が請求できる雨漏り症状の例

台風や豪雨の影響で雨漏りした場合は補償で対応可能(保険会社/担当スタッフ)

火災保険で雨漏りの修理費用を負担することができるのは、一般的な雨漏りや板金や釘の浮きによって生じた雨漏りです。他にもスレートの浮きや風で壊れてしまった雨樋も直すことができるので、現在はいろいろな住宅が火災保険を適用するようになってきています。日本は台風や豪雨が多く発生する地域であるため、災害後に雨漏りなどのトラブルが発生する可能性がとても高いです。雨や風による影響で雨漏りが発生するのが心配な方は、火災保険を契約しておきましょう。

雪や雷といった自然災害にも火災保険で対応できます(保険会社/事務担当)

火災保険は雨や風によって生じた被害を補償してくれる便利なものですが、実は他の自然災害で発生した住宅トラブルにも適用することが可能です。積雪が原因で雨漏りが発生した時や、落雷で住宅の屋根やアンテナが破損した時もきちんと設備を修理することができます。もちろん雨樋やベランダなどの場所も対応してくれるので、住宅を修理する際に多額の資金を準備する必要はありません。突然の災害で住宅がダメージを受けた際は、火災保険をうまく活用しましょう。

火災保険が請求できない雨漏り症状の例

雨漏りの原因が100%経年劣化の場合火災保険の対象となりません(保険会社/受付スタッフ)

住宅で発生するトラブルには経年劣化で発生したものと、自然災害によって発生したものが存在します。自然災害によって生じた被害は火災保険でしっかりと補償することができますが、原因が経年劣化の場合は個人で修理費用を負担しなければなりません。住宅の調査は保険会社が鑑定人資格を持った方に依頼し、調査結果を確認した後に保険金額が決済されます。住宅で発生したトラブルが自然災害によるものかわからない場合は、まず調査を申し込んでみてください。

残念ながら自然災害、風災といった人為的ではないことが原因の場合を除いては、対象外となります(保険会社/相談窓口)

火災保険で対応できるのは自然災害で発生したトラブルだけであり、それ以外の事象が原因で発生したトラブルには適用することができません。主に雨漏り修理を実施した場所から再発した雨漏りや、建物を建築した当初から発生している雨漏りは個人が修理費用を負担します。また住宅改装によって発生した雨漏りも保険の対象外となるので、火災保険を利用しようと考えている方は注意が必要です。原因がわからない方は屋根の調査を業者の方に依頼しましょう。

経年劣化だと思っても諦めないで!

雨漏りの原因が経年劣化だと思っても、場合によっては火災保険の補償対象となることもあります(保険会社/営業担当)

住宅の屋根は外壁よりも早いスピードで劣化が進行するため、経年劣化によって生じたトラブルだと思っていても実は自然災害が原因である可能性があります。そのため雨漏り修理などを実施する際は一度調査を実施してもらい、屋根の状態を細かく確認し、トラブルの原因を特定してもらいましょう。わずかでも屋根が自然災害による影響で気づいていれば、火災保険を適用して修理を行なうことができます。個人で判断するのは適切ではありません。

TOPボタン